【受付終了】第91回ジャパンビジネスサミット(JBS)”JBS4月例会のご案内”(2018/4/20(金)、京橋)

JBS会員及び一般参加の方々へ

 

先ずはJBS3月例会の報告です。

凄かった、未だ興奮冷めやらぬ感じです。

2月もIT業界の鬼才3名がコラボして特段の月例会でしたが、3月例会はナイスク株式会社の代表取締役、松尾里央氏の90分間のセミナー、圧巻でした。

司会を担当したN氏(新田氏のことです)曰く、「今迄の全てのセミナーの中で最高、又、不肖小生の総括をも超える・・・」(当たり前と思いますが)、との評価を頂きました。

素晴らしい内容、参加した20名弱の方々は幸せでした。

内容は小生の表現力では言葉にしがたきことですが、松尾社長がナイスクの事業展開、戦略方針で話して頂いたことは、正に「変革」とは、自社の価値を捉えなおすこと!~読書時間0分時代の出版業界に挑む~、最高に面白かった。

凝り固まった発想が何回、振り動かされたことか、参加者とともに共有できた珠玉の90分でした。

JBSは他業種異業種の中から多様な方々が参加して、相互の知見、経験、価値を交換共有する場。

松尾社長には定期的にVer2や3もお願いしたいところです。

全員参加の懇親会では4月から役員に昇進するW氏の話などもあり、楽しき時間を共有できました。

 

さて、そんな3月例会の後は4月例会です。
180312(案内資料)
登壇はJBS会員の荒井隆洋氏。

話しはガラッと変わって、中小企業診断士の話です。

荒井氏は長年勤めた有名証券会社を辞めて、一念発起、法政大学大学院に通う傍ら中小企業診断士の資格を取り、独立開業された方。

JBSには弁護士、公認会計士、税理士、医師など多数の士業の方が参加していますが、「中小企業診断士」の会員に焦点を当てるのは2回目です。

中小企業診断士のことは色々な機会で聞くこともあるのですが、そもそも難関と称される国家資格の内容が分かっているかというと、案外知らない部分も多々あります。

興味津々、荒井氏から中小企業診断士の基本的な説明から、実務での様々な経験などを話して頂く機会となりました。

中小企業診断士を目指す方は勿論ですが、それ以外の方々にもビジネスの世界で大いに参考になる点が盛りだくさんです。

知人、友人の方共々、是非、ご参加ください。

 

JBS事務局

 

以下、荒井氏からのメッセージです。

「中小企業診断士って何?」

2016年の日経ビジネスの調査では、サラリーマンが取得したい資格のランキング1位になった「中小企業診断士」。

Netでも、「使える資格」として紹介されることが増えています。

しかし、決して知名度が高い資格ではありません。

さて、その実態は?

この資格を取れば何ができるのか?

難易度は?から、資格を取ることの意義は?儲かるの?など、診断士として独立してしまった?荒井が実体験を踏まえてお話いたします。

 

【開 催】平成30年4月20日(金)
【月例会】19時00分開始 (18時30分から受付開始)
【定員】30名(JBS会員優先)
【会 場】「京橋区民館」
住所:東京都中央区京橋2-6-7
【交通手段】東京メトロ銀座線京橋駅6番出口徒歩2分
都営地下鉄浅草線宝町駅A5、A6番出口徒歩2分
http://chuo7kuminkan.com/about/kyobashi.html
【アクセス】https://www.google.com/maps/d/u/0/viewer?mid=1qKLDDyzZ75rQgThYmh-R7FMBQvs&hl=en_US&ll=35.676461002233026%2C139.7713215&z=19
【参加費】JBS会員は無料、一般参加の方は¥2,000
【懇親会】「新世界」(飲み食べ放題@¥3,000) (正会員/一般参加共に実費)
【参加申込み&問合せ】 office.jbs@gmail

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:月例会

このページの先頭へ

イメージ画像